教育の特色

  1. 6年間の流れ・
    カリキュラム
  2. 協同探求型授業
  3. 土曜プログラム
  4. 体験学習・
    学習体験旅行
  5. 国際交流
  6. 教科
  1. HOME
  2. 教育の特色
  3. 体験学習・学習体験旅行

調和を図る人間性を育む体験学習・学習体験旅行

発信地で発信者に学ぶ宿泊行事

さまざまな環境に暮らす人々に接しその生活を自ら体験することで、知識や知恵と出会い、会得しながら他者との共存について学ぶ中1・中2の「体験学習」。事前・事後にわたる1年余りの学習をし、現地を訪れることでさまざまなことを体験し、思索し、生きる知恵を磨く中3・高1の「学習体験旅行」。視野を広げ、思考を深める田園調布学園の体験型宿泊行事です。多彩な体験が、一人ひとりの心と身体に深く刻まれていきます。

体験学習 中1長野県志賀高原 [7月下旬:3泊4日]

自然の中での生活体験を通して生きる知恵を学ぶ

池めぐりやキャンプファイヤーなどを友だち同士で協力して実施。楽しみながら心身を鍛え、親睦を深めます。ホタルや星の観察の外、「志賀高原ユネスコ エコパーク環境学習プログラム」に参加し、豊かな自然に囲まれた場所ならではの生活を通じて生きる知恵を学び、これからの体験学習の礎を築きます。

体験学習 中2山形県酒田ファームステイ
[8月下旬:3泊4日]

農村生活体験を通して生きる知恵を学ぶ

農村生活体験を通して生きる知恵を学ぶこと、自然や農村文化への理解・関心を深めることを目的に、酒田市でファームステイを体験。1班3名で各家庭の家族になります。枝豆の収穫などの農作業や酪農・そば打ち、商店の手伝いなど、お世話になる家の仕事を通して、自然や異なる文化への理解・関心を深めます。

学習体験旅行 中3飛鳥・奈良・京都 [11月中旬:4泊5日]

現代につながる歴史と文化の学習を通して生きる知恵を磨く

古代国家の中心地であった大和・奈良、平安京がおかれた京都を訪ね、歴史と文化とのかかわりを探ります。渡来人と渡来文化への理解を深め、異文化との調和と共生をめざします。

学習体験旅行 高1西九州方面 [3月下旬:5泊6日]

国際関係・環境・平和について考え、生きる知恵を磨く

平和への祈りが続く長崎、公害の原点の地となった水俣など、問題の発信地を訪ねて、発信者(被爆者、患者、研究者、ボランティアの方々)による講演・語りを直に聴き、過去と現在・未来をつなぐ平和・環境・国際関係について考えを深めます。

TOP