田園調布学園について

  1. 建学の精神・
    教育理念
  2. 学校長
    メッセージ
  3. 沿革・校章・
    校歌・制服
  4. 安全管理
  1. HOME
  2. 田園調布学園について
  3. 学校長メッセージ

学校長メッセージ

新しい社会、より良い社会を創るという気概を育むことで、
世の中の変化に戸惑うことなく、
物事の本質を見極める確かな目と強い心を持った自分の力で人生を切り拓く女性を育てます

学校長 清水 豊

学園の創立者である西村庄平先生は、外国航路の船長として世界各地を見て回り、日本の発展のためには教育、特にこれからは女子の教育が重要と考え、1926年に調布女学校を創立し、初代校長として川村理助先生を迎えました。この川村先生がご自身の体験の中から気づき提唱した「捨我精進」を実践していくことが本校の教育方針です。

AIを中心とした技術の進歩のスピードは非常に速く、私たちをとりまく環境は変化し、私たちの生き方そのものにも影響を与えてきています。今後、人間観そのものも変わっていくかもしれません。このような変化を受けて、将来に対して悲観的な言葉も広まっています。

しかし、これから社会に出ていく中学生、高校生は未来をただ悲観的にとらえるのではなく冷静に現実や自己を見つめ、「自分たちが生きていく新しい社会、より良い社会を自分たちが創っていく」、という気持ちを持ってほしいと思います。

このための土台を作っていくのが中高の6年間です。変化のスピードが速い世の中を生きていくためには、この変化に対応するために「学び続けていく姿勢」が必要になりますが、同時に時代の流れに翻弄され本質を見失わないように「批判的に物事を見る力」も大切になってきます。

体験を重視した田園調布学園での6年間の学校生活の中で、時には失敗することがあるかもしれませんが、勇気をもって一歩踏み出し、仲間と協同しながら今までの自分を超えるための、あるいは学校をより良くするための挑戦をしてください。そういう人たちを田園調布学園は精一杯応援していきます。

学校長 清水 豊

TOP