教育の特色

  1. 6年間の流れ・
    カリキュラム
  2. 協同探求型授業
  3. 土曜プログラム
  4. 体験学習・
    学習体験旅行
  5. 国際交流
  6. 教科
  1. HOME
  2. 教育の特色
  3. 協同探求型授業

協同探求型授業〜65分授業での思考と発信が、学びの意欲を高める〜

生徒の主体性や協同性を育みながら問題を発見・解決する、独自の「協同探求型授業」を展開しています。自分にはない発想や、意見に触れ、客観的・批判的・論理的に物事を考えることで、個人の理解やアイディアも磨かれ、学びの面白さを体得します。このことは、答えのない問題にも対応する術を身につけることにつながっていきます。全教室に設置された電子黒板や中等部2年から一人一台所持するChromebook等のICT機器を積極的に活用し、65分間ならではの充実した授業で探求心を伸ばしています。「究めるまで探し求め続ける精進こそ生涯にわたる学びである」という意味を込めて名づけた「協同探求型授業」。この“探求心”の育成こそ、21世紀の社会を生き抜く“根っこ”になると確信しています。

田園調布学園の協同探求型授業

ペアワークやグループワーク、ICTを活用した取り組みなど、生徒が主体的に活動する機会をすべての教科で授業内にたくさん設けています。生徒自身が課題に気づく、考え、伝え合い、答えにたどり着く、応用するという場面を増やすことにより一層思考力を伸ばします。また、表現するといった機会を増やすことにより、真の学力を育成しています。

物理×数学生徒の視野を広げる教科横断型授業

中等部3年の「物理基礎」で扱う物体の落下運動を題材に、数学と教科横断を行います。落下運動をグラフに表して整理する際、グラフの概形はイメージと異なることが多い。そこで、数学で学習した文字式の変型を用いた考え方と、物理で学習したイメージからグラフに表す考え方を紹介し、教科の繋がりを意識しつつ、問題によってどちらの方が有効かを生徒が判断できるようになることが目的です。中学の段階から生徒に教科のつながりを意識させることは重要で、さらには物事を多角的に見ようとする意識まで持てればよいと考えています。
高等部2年の理系クラスでは、“物体の重心”と“積分の不等式”を題材に授業を行います。同じ大きさのブロックを少しずつ右にずらして積んでいくとき、ブロックが崩れることなくどれくらいずらすことができるかというのを、生徒はペアで予想・実験・考察・応用する授業です。何も考えずに積んでいくとブロックはすぐに崩れてしまいます。ブロックの重心を考え、計算しながら積んでいくと、いくらでも積めることを体感し、ずらすことのできる長さを積分の不等式で求めます。普段学習していた“物理の理論”や“数学の計算”が、目の前のブロックで表されることで、具体的なイメージがわき、学びの意欲を高めることを狙いとしています。
高等部3年の「総合物理」では、数学と物理の視点から結び付きを意識する授業を行います。「コンデンサーの電気容量を求めよう!~微分方程式の利用〜」では、充電されたコンデンサーを放電させ、結果をI-tグラフ(I:電流/t:時間)にかき、曲線と軸に囲まれた面積からコンデンサーの電気容量を求めます。そして、より精度を上げるために数学の微分方程式を用いて計算します。

物理現象に潜む数学に目を向け視野を広げる

これから生徒たちに求められる力とは、一つの教科で得た知識や技能が他の分野でも機能していることに自力で気づいたり、実際に使ったりすることのできる総合力です。国や専門分野の垣根を越えて、異分野の人たちと仕事をすることがますます増えていく社会において、このような力をつけていくことは重要です。物理の実験では、結果を考察・分析する際、数学の力を必要とすることがあります。また、数学が世の中の現象とどのようにつながっているかを体感することも大切です。教科横断授業をきっかけに、物理現象に生徒が興味を持つだけでなく、そこに潜む数学に目を向け、その他の現象理解にも広い視野で考える姿勢が身につくことを期待しています。

理科 入 英樹

STEAM 教育芸術の視点を織り込む教科横断型授業

STEAM教科(科学・技術・工学・数学)に芸術(Arts)を織り込むSTEAM教育で、新しい発想を生み出し、豊かな創造力を育てます。

数学×美術
中等部1年の代数では、反比例の単元で学習した歯車の回転数と歯の関係を応用した、「デザイン定規で描く模様の謎解き」を実施。小学生の頃に遊んだことのあるものに数学が隠れていること、数式を解くことでどのような模様が描けるかをイメージできることを理解します。さらに描いた模様を違うものに見立てることを行い、遊びを通して思考力・創造力を伸ばします。
地学×美術
中等部3年の美術では、地球や宇宙を題材としたプログラミング動画を制作します。宇宙の成り立ちや構造は、現代では多くの事柄が科学的に解析されていますが、人間の豊かな想像力によって考えられた多くの仮説が存在します。天の川には織姫や彦星が住んでいて、地球平面説も唱えられていた・・・未だに謎の多い宇宙に新たな想像力を膨らませ、生徒のオリジナル動画を作成します。
物理×音楽
中等部3年の音楽で行う弦楽器の授業では、物理の「弦の振動」をとりあげます。軽く弦をおさえて倍音を響かせるというフラジオレット(ハーモニクス)という奏法を練習。弦楽器が音を出す仕組みや、倍音とは何か、オクターブとはどういうことか、体験を通して学習します。
倫理×美術
高等部2年の倫理では、デカルトの「われ思う ゆえにわれあり」やベンサムの「最大多数の最大幸福」といった近代西洋思想のいくつかの言葉をテーマに造形物(コラージュ)を作ります。教科書、資料集、図書館にある原典を使ってテーマをよく吟味して解釈し、雑誌の切り抜きを活用して色や形に表します。この活動により、言語から得られた情報を視覚的に表現することで生徒の創造力を養います。さらに、同じテーマでも全く違った解釈で表現された多様な造形物を見ることで、他者との捉え方の違いに気付くことができます。
倫理×美術 生徒作品「われ思う、ゆえにわれあり」

社会で役立つ
実用的な数学スキルを学ぶ

本校の数学の授業では、身近な生活に関わるテーマを多く扱います。たとえば、中等部1年では、コンビニ弁当の温め時間を題材に反比例の学習をしたり、中等部2年では、近年改訂されたタクシーの乗車料金を題材に、関数のグラフを用いて、距離によってどのように損得が生まれるかなどを考えるなど、いろいろな場面に数学が潜んでいることを体感することにより、生徒たちの学習意欲を向上させています。
また、統計の指導にも力を入れ、中等部3年では教科書内容だけでなく、統計検定(日本統計学会認定試験)の問題を題材にした授業も行い、情報過多の現代を生きるための統計のリテラシーを身につけます。

ICTを活用した課題研究発表

中等部では、探究活動の一つとして、夏休みを利用し、学年に応じた課題研究に取り組みます。中等部1年の夏休み前の授業でテーマを決め、夏休み中に研究を行い、レポートにまとめます。また、中等部2年では、中等部1年の研究を継続し、さらに深化・進化させた研究を行います。研究の前には、教科担当者が、準備シートを用いて研究の方法・内容をアドバイスします。9月以降の授業中に、各クラスで研究の成果をスクリーンに投影して課題研究発表会を行い、発表内容や発表のしかたについて相互評価をします。全員がChromebookを持っている中等部2年以上はGoogleのアプリを使ってスライドを作成し、プロジェクターに投影して発表します。また、生徒による相互評価もChromebookを使って入力し、結果を各自に配布して、振り返りと次の課題発見に役立てています。中等部1・2年では、クラスから代表者を選出し、学年全体で課題研究発表会も行っています。
レポートの優秀作品は外部のコンクールに応募して、全国の中学生と発想や実験・観察の技能を競います。また、学会のジュニアセッションなど、外部で行われる発表会に参加して、他校の生徒との情報交換なども行います。

情報機器を活用した授業

生徒は授業においてPCやChromebook、iPadをはじめとする情報機器を、目的や場面に応じて、使い分けています。
情報の授業では、高等部2年で学校の特色・特徴を取り上げる「CM動画制作」をしています。視聴者に効果的に中身が伝わるよう、動画編集ソフトを用いて自分たちで撮影した動画を編集して作品をつくります。国語では、教科書で扱った文章について意見文や要約を書く活動、ロイロノートを用いたグループ活動や発表資料作成などで、Chromebookを積極的に活用しています。中等部3年で行う論文作成では、文章の添削をGoogleの課題提出機能を通じて行うことで、スムーズなやり取りができます。また古典では、文法のチェックや読解練習を、Googleのテスト機能を用いて実施し、その場で弱点などの分析をフィードバックしています。
音楽では創作の授業を、Chromebookの楽譜作成アプリケーションを使用して行います。生徒は自分が考えた旋律を何度も聴いて、試行錯誤しながら自分のメロディーを探ります。音色を変えたり、パートを増やしてハーモニーやリズム伴奏も加えてみたり、自在に創作活動を楽しむことができます。出来上がった作品を、クラスで発表、リコーダーで演奏もします。

TOP