入試情報

  1. 学校説明会・
    公開行事
  2. 募集要項
  3. 入試結果
  4. 合格発表
  5. 入試問題
  6. よくある質問
  1. HOME
  2. 入試情報
  3. よくある質問

よくある質問

入試について

Q.どのように合否を決定していますか。
A.4科目の合計点で決定しています。面接は参考程度です
Q.科目ごとの合格最低ラインはありますか。
A.科目ごとの合格最低ラインはありません。合計点で合否を決定します。
Q.試験当日、悪天候や電車事故などにより交通機関が混乱したときはどうすればいいですか。
A.ホームページ、およびラジオニッポン放送、ダイヤル1242で対応をお知らせします。
Q.試験中に気分が悪くなった場合には、どうすればいいですか。
A.すぐに監督者に申し出てください。保健室で受験することも可能です。

学園生活について

Q.1学年何クラスですか。クラス替えは毎年ありますか。
A.1学年5クラス編成です。1クラスの人数は平均40名程度です。クラス替えは毎年実施しています。高2からは、文系・理系に分かれます。
Q.入学後、学園生活に適応できるか不安です。何か特別な取り組みはあるのでしょうか。
A.入学式の日に、精進日誌が配布されます。この日誌に、生徒はその日に感じたこと、考えたことを書き、毎朝担任に提出します。担任は、コメントを書き入れて終礼時に返却します。クラスの一人ひとりと担任とのコミュニケーションツールとなり、担任は生徒の不安や疑問にすばやく対応することができます。
Q.いじめ防止はどのようにしていますか。
A.本校独自の「いじめ防止基本方針」を定め、定期的に調査を実施し、いじめの防止・早期発見に努めています。回答をもとに担任が個別面談を行い、万一いじめや不登校が心配される場合には本校専属のカウンセラーと連携し、敏速で柔軟な対応をしています。
Q.クラブ活動は盛んですか。勉強との両立はできますか。
A.クラブは文化部、運動部とも中等部、高等部一緒に活発に活動していて、加入率は90%以上です(高3を除く)。夏休みには合宿をするクラブも多く、中2以上が参加しています。高等部は週4日、中等部は週3日を限度とし、勉強との両立ができるよう配慮しています。研究会や同好会も生徒の希望により設けています。
Q.校則は厳しいですか。
A.制服や持ち物等について規則はあります。TPOをわきまえて振る舞うことが基本です。
Q.携帯電話の持ち込みは可能でしょうか。
A.緊急連絡のための持ち込みは認めています。緊急時以外で連絡を確認する時間は決められています。
Q.塾や予備校に通っている生徒は多いですか。
A.中等部では塾に通うことを勧めていません。予習復習だけで十分力がつきます。また、少人数授業(中1〜高1英語)、到達度別授業(中3・高1の数学・英語)、補習を行うなど成績不振者が出ないよう配慮しています。
高等部でも、学校の勉強と受験補習だけで大学受験に対応する力をつけることができます。たとえば、塾に一切通わずに最難関大学へ合格している生徒もいます。高2の夏休み頃から長期休暇中に予備校の講習を利用する生徒もいますが、不得意科目に絞るなど目的を決めて上手に利用するよう指導しています。
Q.ICT教育はどのように推進していますか。
A.平成30年度より、中等部2年生から高等部1年生は一人一台コンピュータ端末(Chromebook)を所持し、授業支援アプリ「ロイロノート」を用いて双方向型授業を行うほか、HR・行事でも活用しています。生徒自身が活動履歴や成果を集積し、達成感や自己肯定感を高めながら次の学びへと向かう「ポートフォリオ評価」を推進しています。これは、2020年度からの大学入試改革に沿うものです。
Q.ネイティブスピーカーの先生は何人いるのですか。また授業はどのくらいあるのですか。
A.ネイティブの専任教員は2名、ALTは2名います。さまざまな学校行事にも参加していますので、生徒たちも気軽に話しかけることができます。
Q.保護者会、授業参観などはどのくらい開催されますか。
A.保護者会は全体会+クラス懇談会で年3回、個別面談が1回、授業参観は年4回実施されます。
Q.自転車通学は可能ですか。
A.近隣の交通量が多く、生徒の安全上許可していません。
Q.地震やその他の災害に関する防災対策を教えてください。
A.校舎は、耐震基準の1.8倍で建てられています。また、全校生徒が3日間学校で生活できる備蓄品があります。詳しくはこちらをご覧ください。

TOP